仮想通貨のライトコイン(LTC)とは?特徴とオススメ取引所・将来性を解説!

altcoin-litecoin

2011年に取引所へ上場して以来、投資家たちからも親しまれているライトコイン。

すでに保有している方もかなり多い一方、あまりに身近なアルトコインゆえに、他の通貨と比べてその詳細について語れる機会が少ないですよね。

しかしみなさんが他の通貨に気を取られている中でも、ライトコインの開発は着々と進められています。

本日はそんな硬派な仮想通貨として知られるライトコインの特徴や将来性はもちろん、ライトコインをお得に購入できるおすすめの取引所に至るまでたっぷりとご紹介いたします。

1 仮想通貨ライトコインとは?

altcoin-litecoin1

出典 : https://www.photo-ac.com/

ライトコイン(Litecoin)は、元Googleの社員 チャーリー・リー(Gharles Lee)氏によって2011年に開発された比較的古参の仮想通貨です。単位はLTC。

日本では比較的硬派で地味な印象を持たれがちなライトコインですが、世界最大級の仮想通貨取引所として知られる「Coinbase(コインベース)」でも取り扱われており、海外ではかなり人気の高いアルトコインとして知られています。

また「ビットコインが金、ライトコインが銀」とも言われ、両者はよく比較されることがあります。これはライトコインの基本的な仕組みや機能が、ビットコインとほとんど一緒であるからです。

ただしライトコインはビットコインの仕組みを踏襲しつつも、ビットコインの持つ欠点を補完しより実用的な通貨になるように設計されています。

そのビットコインの持つ欠点と言えばやはり「価格の不安定さ」と「決済スピードの遅さ」です。

ライトコインはビットコインよりも価格が安定している上に、スピーディーなブロック生成と取引承認によって実店舗決済でも利用できるように作られています。

通貨としての安定性をキープし実用性重視の開発を行なっていく狙いがあるようです。

2 仮想通貨ライトコインの特徴

altcoin-litecoin2

出典 : https://www.photo-ac.com/

2-1 決済スピードがビットコインよりも速い

ライトコインの決済スピードは、ビットコインの4倍です。ビットコインは決済完了におよそ10分程度かかりますが、ライトコインなら2分半程度で済んでしまいます。

決済スピードが速ければ速いほど実店舗決済でも利用される可能性が高まりますので、ビットコインと比べるとライトコインの方が決済手段として普及する可能性が高いと言えるでしょう。

ただし、いくらビットコインの4倍のスピードといっても、決済完了までに2.5分程度の時間がかかってしまいます。

例えば、全通貨中最速とも言われるリップル(XRP)では、たったの4秒で決済が完了します。リップル以外にも、DASHやMoneroといった匿名系の仮想通貨なら軒並み10秒前後で決済を完了できるものがほとんどです。

ライトコインの決済スピードはビットコインと比べた時に多少優位性があるかもしれませんが、他の通貨と比較するとまだまだ見劣りしてしまうというのも事実でしょう。

2-2 Segwit(セグウィット)を導入している

ライトコインには、取引サイズを圧縮するための技術「Segwit(セグウィット)」が導入されています。

Segwitについて理解するためには、仮想通貨の持つ欠点の一つである「スケーラビリティ問題」について知っておく必要があります。

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンのサイズが小さいことによって起こる様々な弊害のことです。通貨の流通量が増えて取引量も増加すれば、従来のブロックチェーンサイズだと追いつかなくなるため、取引の遅延や停止が生じてしまう可能性があるのです。

この問題を解決するためには、ブロックチェーン自体のサイズを大きくするか、取引サイズを圧縮するかの2択しかありません。

Segwitでは、取引サイズを圧縮することによってブロックチェーンに余裕を持たせ、取引の遅延や停止といった弊害が起こらないように配慮されています。

2-3 Proof of Workというアルゴリズムを採用している

仮想通貨の世界では、中央管理組織が存在しない代わりに「いつ、誰に対して、いくら送金したのか?」これらの取引記録をブロックチェーン上(取引台帳)に正確に追記する必要があります。

この取引記録をブロックチェーンに追記する際のルールがコンセンサスアルゴリズムと呼ばれるものです。

ライトコインの場合には、ビットコインの同じくProof of Work(PoW)と呼ばれるアルゴリズムが採用されています。

PoWとは、簡単に言ってしまうと「計算問題を一番早く解いた人がブロックチェーンへ取引記録を追記することができる」というルールです。

追記した者には高額な報酬が与えられるため、みんな高性能のPC等を導入して一生懸命計算問題を解こうとします。(この行為をマイニング呼びます。)

しかしながらこのPoWには、性能の高いPCを購入できる人が報酬を独占してしまう(富の偏在)という大きなデメリットもあります。一方、ライトコインはこの富の偏在が起こらないようにするために、PoWに加えてScrypt(スクリプト)」と呼ばれるアルゴリズムを搭載することで、一般的な性能のPCでも計算問題を解くことができるようになっています。

そのためPCの性能に関わらずを誰でも報酬を手にできる可能性があるのです。

3 仮想通貨ライトコインをお得に購入できる取引所

3-1 bitbank.cc(ビットバンク)

altcoin-litecoin3

3-1-1 bitbank.cc(ビットバンク)とは?

ビットバンク株式会社によって2014年に設立された日本の仮想通貨取引所、bitbank.cc(ビットバンク)。

スマホアプリ版こそないものの、完全スマホ対応のシンプルなUIは非常に使いやすいとユーザーたちからも好評です。

販売方式については、日本国内では珍しい「取引所方式」を採用しており、ライトコインを含むアルトコイン全般の取引手数料を安く抑えることができます。(※ただし、簡単に取引可能な販売所が存在しないため、ユーザーは基本的に売り板と買い板を使った取引を行う必要があります。)

また「通貨全ペアの取引手数料無料キャンペーン」といったイベントを積極的に開催しており、ユーザーを飽きさせないための施策を積極的に実施している点も好印象。

3-1-2bitbank.ccの取り扱い銘柄

ビットバンクでは、2018年5月時点でライトコインを含む6種類の銘柄を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC
  • リップル(XRP)

3-1-3 bitbank.ccのメリットまとめ

  • 取引所方式なので手数料を抑えられる
  • キャンペーンを積極的に実施している

3-1-4 bitbank.ccのデメリットまとめ

  • 取り扱い銘柄が少ない
  • 販売所が存在しないため初心者には取引しづらい
  • スマホアプリ版がない

3-2 Binance(バイナンス)

3-2-1 Binanceとは?

世界最大の仮想通貨取引所として有名なBinance(バイナンス)。

もともとは中国 香港発の取引所でしたが、中国当局の仮想通貨規制の動きを受けてマルタ共和国に本社を移転しました。

海外取引所の中では珍しく、サイトも一応日本語対応済みなので、日本人の方でも安心して利用することができます。海外取引所を利用したことのない方がまず初めに登録するならBinanceが最適です。

取引手数料も一律0.1%!コストを抑えて取引できます。

またBinanceが独自に発行するバイナンスコイン(BNB)建てて取引を行えば、なんと取引手数料が半額の0.05%に!

非常にお得にライトコインを購入することができます。

Binance公式ホームページ : https://www.binance.com/

3-2-2 Binanceの取り扱い銘柄

altcoin-litecoin4

Binanceでは、ライトコインを含め100種類以上の銘柄を取り扱っています。

あまりに豊富なバリエーションゆえに本記事ないでその全てを紹介することはできないため、今回は人気の高い銘柄のみをピックアップしてみました。

取り扱い銘柄参考は下記。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • ライトコイン(LTC
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • ダッシュコイン(DASH)
  • ネオ(NEO)
  • トロン(TRN)
  • イオス(EOS)
  • エイダ(ADA)
  • ジーキャッシュ(ZEC)etc…

3-2-3 Binanceのメリットまとめ

  • サイトが日本語対応しているため、日本人ユーザーでも使いやすい(ただし一部不自然な訳出や未対応ページ有り)
  • 取引手数料は一律1%BNB(バイナンスコイン)建てで半額の0.05%になる
  • 日本国内の取引所と比較すると取り扱い銘柄数が非常に多い

3-2-4 Binanceのデメリットまとめ

  • 日本円で入金することができない(ビットコインを購入してから送金する必要がある)
  • 信頼性の低い通貨を混じっている
  • 他の海外取引所と同じく盗難等による補償サービスがない

 

4 仮想通貨ライトコインの将来性は?

altcoin-litecoin5

出典 : https://www.photo-ac.com/

4-1 決済手段として普及する可能性がある

ライトコインはビットコインの持つ欠点を補完するために生まれた仮想通貨ですが、圧倒的な認知度を誇るビットコインの存在感にかき消されてしまい、いまいち差別化を図ることができていませんでした。

どうしても「ビットコインの2番煎じ」といった印象が拭えずにいたライトコイン…。

しかしそんなライトコインも、2018年から本格的に決済サービスを提供していくようです。そこには「ビットコインが金ならライトコインは銀」と称される通り、より身近で使いやすい「決済手段」としての仮想通貨を目指す意図があります。

決済サービスとして普及していけば、それに伴ってライトコインの価格も上昇していくことが予想されるでしょう。具体的には以下のようなサービスを主軸にしていく計画があるようです。

4-1-1 仮想通貨版デビットカード「ライトペイ」

ライトペイ(Litepay)とは、簡単に言ってしまうと「デビットカードの仮想通貨版」です。

通常のクレジットカードの場合は3%程度の手数料が発生してしまう一方で、ライトペイを導入したお店が負担する手数料はわずか1%!クレジットカードを用いた決済よりも店舗側の負担する手数料を安く抑えることができるという点が大きなメリットです。

クレジットカード会社大手として知られるVISAとの業務提携も行う

店舗側としても手数料が安いに越したことはないため、ライトコインは今後実店舗決済として広く普及していく可能性があると言えるでしょう。

4-1-2 ペイパルのライトコイン版「ライトパル」

オンライン決済サービスとして海外で高いシェアを誇る「ペイパル(Paypal)」。

ペイパルは、クレジットカード番号を登録しておくことで決済時、相手方にカード情報等を公開せずに決済を完了できるという匿名性に優れたオンライン決済サービスの一つです。

そんなペイパルとライトコインを掛け合わせた新しい決済サービスが「ライトパル」!2018年下期に提供開始するとの噂がありますが、明確な時期については未定です。

サービスの詳細についても未だ明らかにされていませんが、恐らく「ペイパルの仮想通貨バージョン」と考えておくのが無難でしょう。

ライトパルがリリースされた時期に価格が高騰する可能性も考えられるため、リリース時期については逐一チェックしておきたいところです。

4-2 ライトコインの半減期である2019年8月に価格が高騰する可能性も

ライトコインは2019年8月に半減期を迎えると言われています。

ちなみに半減期とは、「マイニングによって得られる報酬が半減する時期」のことです。

マイニングによって得られる報酬が半分になると、マイニング量も当然ながら減少します。マイニング量が減少すれば世界に流通するコインの量も相対的に減っていくため、当該コインの稀少性が高まるのです。

稀少性が高まることで、通貨の価格は高騰します。これが半減期によって通貨の価格が高騰するメカニズムです。

半減期が訪れる少し前からライトコインを保有しておけば、高騰によって大きなキャピタルゲインを獲得できる可能性があります。

また半減期はライトコインに限らず様々な仮想通貨に存在するため、興味のある仮想通貨の半減期を一通り押さえておけば、効率よく利益を得ることができるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?話題のアルトコインの影に隠れていた霞んでしまっていたライトコインですが、こうしている間にも決済サービスの普及に向けて着々と準備を進めているのです。

来年8月の半減期を見通して今のうちから購入しておくのも良いかもしれません。

今後のさらなるアップデートなどを期待しつつ、開発を見守っていきましょう。

 

仮想通貨マーケット情報

仮装通貨総数:
取引所数:
仮想通貨全体時価総額(¥):
24時間総取引高(¥):
BTCドミナンス:

仮想通貨 (更新日)

BTC(JPY) -0.00 0.00
ETH(JPY) -0.00 0.00
XRP(JPY) -0.00 0.00
ADA(JPY) -0.00 0.00
LTC(JPY) -0.00 0.00
XLM(JPY) -0.00 0.00
XEM(JPY) -0.00 0.00
EOS(JPY) -0.00 0.00