仮想通貨XPとは?特徴とオススメ取引所・将来性を解説!

アルトコインXPとは?

2017年から注目されるようになった仮想通貨「XP」。

草コインとして非常に低い価格で推移してきたXPですが、2017年末には価格が一気に100倍以上になったことで大きな話題となりました。

日本国内におけるコミュニティも非常に活発で、XPの熱狂的なファンも多いのだとか。

今回はそんな話題の仮想通貨 XPの特徴や将来性について詳しく解説いたします。

1 仮想通貨 XPとは?

仮想通貨 XPとは?

出典 : https://www.photo-ac.com/

1-1 経験や功績に対する”報酬”として誕生した仮想通貨

XPは、私たちの経験や功績に対する”報酬”として利用されることをコンセプトとした仮想通貨です。XPは「Experience Points」の略で、日本語に訳すと「経験値」という意味になります。

例えばゲームならば、敵を倒したり、ミッションに成功したりすると経験値がもらえます。もし私たちの生活する現実世界でも、努力によって何か大きな功績を残した際に「経験値」がもらえたら嬉しくありませんか?

そんなゲームの世界の話を現実でも再現するために誕生したのが、仮想通貨 XPなのです。

1-2 XPが進出が期待される3つの分野

eスポーツ

XPは、eスポーツ業界へのサービス展開を進めています。

「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ(Electric Sports)」の略で、ネットワークに接続されたゲーム対戦をあたかも「スポーツ競技」として捉えたものです。

日本でも2015年には「一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)」や「一般社団法人e-sports促進機構」などが設立され、徐々にその人気が高まってきています。アジアオリンピックでは、eスポーツが公式種目として認定されるほどで、単なるゲームという範囲を超えて「スポーツ」としての市民権を獲得しつつあるのです。

既にXPは、そんなeスポーツを競技種目とする世界各国の大会スポンサーとなり、優勝者や参加者に対して報酬としてXPを与える活動を行なっています。

ちなみに今人気急上昇中のオンラインサバイバルゲーム「Rust」でも、XPが採用され、ゲームをプレーするだけでXPを受け取ることができます。今後も様々なゲームにXPが実装されていけば、知名度向上につながっていくでしょう。

実店舗決済

発行当初は単なる投機対象としてしか扱われていなかったXPですが、今後は実店舗決済としてXPを普及させていくことを目標としているようです。

既に日本でも以下の店舗では、XPを用いた決済「XPpay」を利用することができます。

  • cafe EMPORIO
  • 後藤裕也写真事務所
  • Salon de MiLk 渋谷店
  • mana整骨院
  • うなぎ料理専門店 川昌本店
  • しろくま鍼灸院
  • とり天大阪本店 etc…

また気になるのはやはり決済スピードです。実店舗決済として普及させるならば、スピーディーに処理してもらわないと困ってしまいますよね!店頭で10分、20分待たされるくらいなら現金で支払った方が遥かに早いに決まっています。

この点については後ほど詳しく解説いたしますが、XPは「PoS」というアルゴリズムを採用しているため、わずか10秒程度で決済を完了することができます。

つまりXPは、実店舗決済にも適した仮想通貨なのです。

もちろん他にも決済スピードを売りとする仮想通貨は沢山ありますので、今後はXP独自の機能を実装するなどして付加価値を与えていくことが期待されます。

学校教育

XPは将来的に教育分野にも進出していく計画があるようです。

仮想通貨と教育はいまいち結びつきづらいかもしれませんが、具体的には、高校や大学で授業に出席したりテストで高得点をとった際にXPが付与されるというものが想定されています。

XPという報酬をインセンティブとして教育を行うことについては賛否両論がありそうですが、「経験値」という意味をもつXP本来のコンセプトからすると、教育分野との相性はかなり良いと言えるでしょう。

自分の積み重ねてきた努力がXPという形で可視化されるため、本人のやる気アップにも繋がります。

教育分野へのXPの本格的な導入はもう少し先の話にはなりそうですが、実現すれば教育システムそのものに変革をもたらしてくれるかもしれません。

2 仮想通貨 XPの特徴

仮想通貨 XPとは?

出典 : https://www.photo-ac.com/

2-1 コミュニティが非常に活発

XPは、コミュニティが非常に活発な仮想通貨として知られています。お馴染みのアルトコイン「モナコイン」を想像すると分かりやすいかもしれません。

日本国内でも既に3万人以上の参加するXPのコミュニティが存在しており、2017年末にはホリエモンこと堀江貴文氏がコミュニティに参加したことでも大きな話題を集めました。

最近では、XPを保有する投資家たちの間で、定期的にオフ会(ネットを通じて知り合った人達が直接会って親睦を深めること)を開催することもあるようです。

またXPのマスコットキャラクター「XPちゃん」という可愛い女の子のキャラクターもコミュニティ内で人気となっており、2017年末にはXPちゃんを題材にしたペーパーウォレットのデザインコンペも開催されました。

この他にも「XPちゃん お菓子化プロジェクト」というコンペが開催され、入賞者や参加者にXPを配布するなど、定期的にユーザーを巻き込んだイベントを開催しています。

2-2 PoSというコンセンサスアルゴリズムを採用している

XPでは、Proof of Steak(PoS)というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。PoSは、ビットコインで採用されているPoW(Proof of Steak)の欠点を補うために登場したアルゴリズムの一つです。

ちなみにコンセンサスアルゴリズムとは、取引承認者を決定する際のルールのことで、例えばPoWの場合「複雑な計算問題を一番早く解いた人」が取引承認を行うことができます。取引承認を行うと報酬がもらえるため、みんな高性能のPCを購入して躍起になって問題を解こうとするのです。

しかし計算に特化した高性能PCの稼働には大量の電力が消費されるため、とても経済的とは言えません。しかも大量の高性能PCの購入費用を出せる人ばかりが取引承認を行うことになり、結果として一部の人間に報酬が偏ってしまいます。

これを解決したのがPoSです。PoSでは、単純に「通貨の保有量の多い人」が取引承認を行うことができるルールになっています。そのため無駄な計算を減らして、消費電力も削減できるのです。無駄な計算が減ったことで、取引承認もスピーディーに行えるため、スピーディーな決済を実現しています。

2-3 有志者が通貨のばら撒きを行う「Rain」

「Rain(レイン)」とは、チャットツールとして有名な「Discord(ディスコード)」内に存在するXPのコミュニティ内で、有志者が「,rain」のコマンドを入力すると、他のユーザーに対してXPが分配される機能のことです。

XPを大量に保有するユーザーが、コミュニティを盛り上げるためにこの「Rain」を利用するというわけです。SNS上で有名なインフルエンサーがRainを行うこともあり、その際はちょっとしたお祭り騒ぎになることもあります。

自分の資産をばらまくようなものなので、一般の方がRainすることはあまりないかもしれません。

でもとりあえずDiscordのXPコミュニティに参加しておけば、まさに突然降り出す雨(Rain)のごとくXPが貰えることもあるかもしれません!

3 XPを購入できる海外取引所

仮想通貨 XPとは?

出典 : https://www.photo-ac.com/

日本国内の取引所では、XPを購入することはできません。

そのため購入する場合には、海外取引所を利用する必要があります。XPを取り扱う仮想通貨取引所は一定数存在しますが、いずれも取引高が小さいため、実質的にはCoinExchangeとTOPBTCの2社に絞られてきます。

ちなみにXPに限らず海外取引所を利用する場合には、まず日本国内の取引所に登録を行ったあとにビットコインを購入し、さらにその購入したビットコインを海外取引所のウォレットに送金する必要があります。

日本円を直接送金することはできませんので、ご注意ください。

3-1 CoinExchange(コインエクスチェンジ)

3-1-1 CoinExchangeとは?

CoinExchangeは、2016年に誕生した海外の仮想通貨取引所です。(本拠地は不明)

500種類以上銘柄を取り扱い、そのほとんどがニッチなアルトコインであることから「草コインの宝庫」としても人気の高い取引所です。草コインで一攫千金を狙っているユーザーからすると、まさに宝の山。

取引手数料も一律0.15%と安い上に、取引ツールのUIも非常にシンプルで扱いやすいと評判です。

ただしサイトは日本語未対応な上に、500種類を超える銘柄の中には怪しいアルトコインが大量に存在します。うっかり詐欺コインを購入してしまわないように、あらかじめ発行元情報やホワイトペーパーなどを確認する必要があるでしょう。

草コイン投資が大好きな、上級者向けの取引所と言えそうです。

CoinExchange公式ホームページhttps://www.coinexchange.io/

3-1-2 CoinExchangeの取り扱い銘柄

CoinExchangeは、利用者たちからも「草コイン量産取引所」と呼ばれるほど、ニッチなアルトコインを大量に取り扱っています。

XPを含めその数なんと500銘柄以上!取り扱い銘柄数が多いことでも知られるアメリカの取引所 Bittrexですら250銘柄ですので、CoinExchangeはその倍です。

あまりの多さゆえ、その全てを本記事内で紹介することはとてもできません。以下ではCoinExchangeにおける取り扱い銘柄の一部をまとめてみましたので、参考にしてください。

3-1-3 CoinExchangeのメリットまとめ

  • 取り扱い銘柄数は500種類以上と圧倒的なバリエーションを誇っている
  • 取引手数料は一律15%と比較的安い
  • 取引ツールのUIがシンプルで使いやすい

3-1-4 CoinExchangeのデメリットまとめ

  • サイトは日本語未対応
  • 怪しいアルトコインも大量に取り扱われている

3-2 TOPBTC(トップビーティーシー)

3-2-1 TOPBTCとは?

TOPBTCはオーストラリアに本拠地を置く仮想通貨取引所です。

日本ではあまり馴染みのない取引所かもしれませんが、取引高は世界16位!流動性も高く、意図した価格での取引がしやすいのもポイントです。

またICO終了直後の期待のトークンも積極的に取り入れており、TOPBTCに上場した銘柄は価格が高騰する傾向にあります。

ただしサイトは英語と中国語と韓国語にしか対応していないことに加え、時折英語と中国語が混ざった不自然な表記になっていることもありますので、少々使いづらいかもしれません。

こちらもCoinExchange同様、上級者向けの取引所と言えそうです。

TOPBTC公式ホームページhttps://topbtc.com/

3-2-2 TOPBTCの取り扱い銘柄

TOPBTCの取り扱い銘柄数は、XPを含め全25銘柄となっています。

先ほどご紹介したCoinExchangeなどと比較してしまうと若干少なめな印象ですが、取引を行う上では特に不足はないでしょう。

取り扱い銘柄の参考は下記。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • ライトコイン(LTC)
  • イオス(EOS)
  • エクスペリエンスポイント(XP
  • マナ(MANA)etc…

3-2-3 TOPBTCのメリットまとめ

  • 流動性が高いため意図した価格での取引がしやすい
  • ICO終了直後の銘柄を積極的に取り扱っている

3-2-4 TOPBTCのデメリットまとめ

  • サイトが日本語に対応していない
  • 言語の表記が一部不自然な箇所がある

4 XPの将来性は?

仮想通貨 XPとは?

出典 : https://www.photo-ac.com/

一時は100倍以上の高騰を見せたXPですが、現在は1XP=0.015円前後を推移しています。今後のXPの開発状況次第では、再び高騰する可能性も十分考えられますが、しばらくはこのままの価格が続くと見てよいでしょう。

また「功績や経験に対して報酬を与える」というコンセプトは非常に面白いのですが、今のところはeスポーツを中心としたゲーム業界での利用が中心となってしまっています。

どちらかというとDiscordを中心とした一部のコミュニティ内だけで楽しまれているだけで、閉鎖的な印象が強いのです。

今後実店舗決済としての普及や学校教育分野への進出などを考えているならば、一部の熱狂的なXPのファンだけではなく、一般的なユーザーの興味を惹くことができるような機能の実装が不可欠になってくるでしょう。

そして今後XPが通貨として普及するか否かはさておき、「投機対象」としての価値は十分にあると言えます。XPの開発状況やロードマップをチェックしておき、機能が実装されるタイミングで購入すれば、ある程度大きなキャピタルゲインを得ることができるかもしれません。

まとめ

本日は話題の草コイン XPについて詳しくご紹介しました。

「努力や功績に対する報酬としてXPを与える」という、まるでゲームと現実が結びついたかのようなコンセプトがとてもユニークでしたね。

まだまだ開発段階のXPですが、今後の進捗状況次第では大きく価格を上げる可能性もあります。

引き続き開発の進捗を見守って行きたいところです。

仮想通貨マーケット情報

仮装通貨総数:
取引所数:
仮想通貨全体時価総額(¥):
24時間総取引高(¥):
BTCドミナンス:

仮想通貨 (更新日)

BTC(JPY) -0.00 0.00
ETH(JPY) -0.00 0.00
XRP(JPY) -0.00 0.00
ADA(JPY) -0.00 0.00
LTC(JPY) -0.00 0.00
XLM(JPY) -0.00 0.00
XEM(JPY) -0.00 0.00
EOS(JPY) -0.00 0.00