ビットコインとは?初心者にもわかる!仮想通貨をやさしく解説!

bitcoin-toha-0

言わずと知れた仮想通貨の代名詞的存在 ビットコイン(Bitcoin)

仮想通貨投資の経験がない方でも、ニュースなどで一度は耳にしたことがあるはずです。

でもビットコインって一体何なのだろう…そう考えてみると、意外と答えにつまる方も多いのではないでしょうか?

今回はビットコインとはそもそも何なのか?という基本的な知識はもちろん、ビットコインをお得に購入できるおすすめの取引所に至るまでたっぷりとご紹介いたします!

仮想通貨取引初心者の方も、すでに日頃からチャートとにらめっこしているベテラン投資家の方も、ぜひ最後まで目を通していただければ幸いです。

1 ビットコインとは?

bitcoin-toha-1

出典 : https://www.photo-ac.com

1-1 世界で初めて誕生した仮想通貨

ビットコインは世界で一番最初に誕生した仮想通貨です。単位はBTCもしくはsatoshiです。

BTCはわかるけれど何故satoshi?と疑問をもたれる方もいらっしゃるでしょう。

実はビットコインの開発者は、名前・性別・国籍・年齢もわからない「ナカモト サトシ」という謎の人物です。

個人かもしれないし、ひょっとすると企業なのかもしれない…そんな得体の知れない存在がネット上の提唱した論文がきっかけとなってビットコインは誕生しました。

そのため単位も「satoshi(サトシ)」と表記することがあるのです。ただし1satoshiは1BTCをさらに1億分の1にした最小単位なので、取引所などではBTCの方が用いられます。

1-2 法定通貨のもつ欠点を克服するために生まれた

 

では何故ビットコインはこの世に生まれたのでしょうか?

実はビットコインは、現在の法定通貨の持つ欠点を克服するために生まれたと言われています。

法定通貨のもつ欠点とは、ズバリ「管理者」の存在です。日本国内ならばご存知の通り「日本銀行」が通貨を管理しています。

確かに「管理者」の存在は、過度な価格上昇・下落を防ぐために必要ではありますが、送金手数料など余計なコストを発生させてしまうという大きなデメリットがあります。

一方ビットコインには日本銀行のような管理者は存在しません。そのため余計なコストもかからず、世界中の人々がもっと自由に活き活きと取引ができるようになるのです。

しかもその取引はブロックチェーンと呼ばれるネットワーク上で常に監視されているため、通貨偽造や不正取引を行うことは事実上不可能と言えるでしょう。

つまりビットコインは、自由な取引を促進するだけではなく、取引の透明性も確保することができる優れたデジタル通貨なのです。

2 ビットコインの特徴

bitcoin-toha-2

出典 : https://www.photo-ac.com

2-1 改ざんや不正行為を防止するブロックチェーン技術

仮想通貨に興味のある方なら、ブロックチェーンというキーワードを一度は耳にしたことがありませんか?

ブロックチェーンとは、ビットコインの根幹を成す技術の一つであり、記録された取引の正しさを証明する画期的なアーキテクチャーです。

ブロックチェーンは、一定期間内に行われた取引の塊(ブロック)を鎖(チェーン)のように次々と繋いでいます。ブロックとは、「取引を記録した台帳」のようなものだと考えてください。

しかし、ただ単にブロックを鎖のように繋いだだけでは改ざんされてしまう可能性もあります。

そこでブロック同士を繋ぐ際には、「ナンス値(number used once = nonce)」と呼ばれる一度きりしか使われない複雑なマジックナンバーを要求し、正しいナンス値がなければブロックを繋げることはできない仕様にしました。

これにより、第三者による改ざんや不正行為を事実上困難なものとしているのです。

しかもブロックチェーン上の取引記録は常に公開され、コンピュータはもちろん私たち利用者たちの監視の目に晒されています。

このようにブロックチェーンとは、あらゆる取引の正当性と透明性を確保する画期的な技術なのです。

2-2 コンセンサスアルゴリズム Proof of Work

ビットコインでは、コンセンサスアルゴリズムとしてProof of Work(プルーフオブワーク)を採用しています。

なんだかちょっと難しく聞こえるかもしれませんね!

かなりざっくり説明すると、まずコンセンサスアルゴリズムとは、ビットコインの報酬をもらう人(取引承認者)を決定する手順のことです。

このアルゴリズムにはいくつかの種類があるのですが、ビットコインではProof of Workという方式をとっています。

Proof of Work方式では、「ビットコインのブロック生成の計算をどれくらいお手伝いできたか」、その仕事量によって取引承認者を決定します。

つまり「ビットコインの計算にたくさん貢献した人へコミット度合いに応じたの報酬を与えよう!」というのが、コンセンサスアルゴリズム「Proof of Work」なのです。

2-3 報酬を貰うためのマイニング(採掘)

ビットコインでは、ブロック生成を行う際の複雑な計算を手伝ってくれた方に対して報酬を支払う「マイニング」というものがあります。

計算を手伝うと言っても、みなさんが一生懸命数式を書いていくわけではありません。

あくまでみなさんの持っている「PCの計算能力」をビットコイン側に貸し出すことで間接的に貢献することができるのです。

沢山の計算能力を貸し出して貢献すればするほど、相応の報酬を受け取ることができます。

ここで勘の鋭い方ならお気づきかと思いますが、このマイニングにおける一連の流れが先ほど説明したコンセンサスアルゴリズムのProof of Workであることがわかりますね!

ただし実際にマイニングを行い報酬を得るためには、信じられないほど大きな電力を必要とします。これは後ほど「ビットコインの抱える問題」の章で詳しく説明いたします。

3 ビットコインの抱える問題

bitcoin-toha-3

出典 : https://www.photo-ac.com

ビットコインが革新的技術であることは確かですが、その一方で以下のような問題もあります。

  • 価格の変動が激しく価値も保証されない
  • 一部の投資家に富が偏っている
  • マイニングに膨大な電力を消費してしまう

正の側面だけではなく、負の側面からも考察することでビットコインへの理解をより一層深めていきましょう。

3-1 価格の変動が激しく価値も保証されない

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価値は、日々大きく変動しています。

例えば1BTCが100万円台になったかと思えば、その数日後には60万円台にまで急落するなど、私たちが普段使っている法定通貨ではありえないレベルで高騰・急落を繰り返しているのです。

しかもビットコインには管理者がいませんので、その価値は誰も保証してくれません。

価格の変動も激しい上に価値の保証されない通貨が、この先「法定通貨」のように利用される日は果たしてくるのでしょうか?

もちろん日本でも、ビックカメラやメガネスーパーなどの一部店舗で決済手段として導入された事例も存在します。

しかし世界中のあらゆる店舗でビットコインが決済方法として利用されるようになるには、ある程度価格も安定していなければ難しいでしょう。

まだ「投機」の域を出ることができていないというのが現状です。

3-2 一部の投資家に富が偏っている

ビットコインの4割は1,000人の投資家が保有していると言われています。

この一部の投資家のことを「クジラ」と呼ぶこともありますが、つまり富が一部の人間に集中してしまっている状況なのです。

たとえば、「クジラ」のうちの何人かが結託して保有しているビットコインを一気に売り払ったらどうなるでしょうか?

そんなことをすれば間違いなく市場は大荒れです。もちろん本人たちもそれを理解しているようですので、そんなテロ行為じみたことはしません。

しかしながら一部の人間によって価格が意図的に操作することが可能であるということは、決して健全な状態とは言えないでしょう。

今後、仮想通貨が決済手段として普及するなら尚のことです。

3-3 マイニングに莫大な電力を消費してしまう

先ほど説明したマイニングを行うには、莫大な電力が必要になります。

もはや個人が単独でマイニングを行なって稼げるような状況ではなく、多額の設備投資をしてたくさんのマイニング専用PCを動かさなければならないのです。

しかも一部の人間が報酬を独占すれば、それに対抗しようと、相手よりも多くのマイニング専用PCを用意する人間が現れます。これによって競争原理が働き、報酬をもらうためのハードルがどんどん高くなってしまったのです。

国によっては、マイニングを行う企業への電力供給を停止するような強制措置をとっているケースも存在します。

4 ビットコインをお得に手に入れるならZaifがおすすめ!

bitcoin-toha-4

4-1 Zaifとは?

Zaif(ザイフ)は、ICOソリューションを提供する株式会社テックビューロの運営する国内仮想通貨取引所です。

国内取引所の中でも投資家たちからの人気も高く、とりわけビットコインの現物取引に関してはZaifがダントツでお得!

なぜならZaifでビットコインを購入する場合、なんと手数料を受け取ることができてしまうんです。

通常は取引のたびに、運営会社に対して手数料を支払います。

一方Zaifでは、ビットコインの現物取引に限りマイナス手数料体系を導入しているため、取引を行うたびに0.01%の手数料が貰えてしまいます!

しかも今ならMaker取引(Maker : 取引所の指値注文のこと)で、-0.05%の手数料が受け取れるキャンペーンを実施中です!5倍のボーナス手数料を受け取れるなんて太っ腹ですよね!

取り扱い銘柄に関しても、企業の発行するトークンの種類が非常に豊富!国内ではZaifでしか手に入らないニッチなトークンも数多く存在します。

しかもその多くは「販売所」ではなく「取引所」でしか購入できないため、必然的にスプレッド手数料を最小限に抑えることができるという点も大きな魅力です。

Zaif公式ページはこちら

4-2 Zaifの取り扱い銘柄

Zaifの取り扱い銘柄は、ビットコインを含め以下の16種類となっています。

2018年4月時点では、国内最多の取り扱い銘柄数です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ザイフ(ZAIF)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • ストレージ(SJCX)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • フィスコ(FSCC)
  • ビットクリスタルズ(BCY)
  • ERC20(ERC)
  • モザイク(MOSAIC)
  • コムサ(CMS)

ビットコインはもちろんですが、国内ではZaifでしか手に入らないCOMSA、MOSAIC、ERC20など珍しいトークンも扱っているため、ICOトークンに興味のある方は登録してみると良いでしょう。

今後も新たなトークンが随時追加されていくことが予想されます。

王道のビットコインをお得に取引しつつ、ニッチなトークンにも投資したいという方にはぴったりの取引所です。

ただし、その分メジャーなアルトコインの取り扱いは若干少なめとなっています。

4-3 Zaifのメリットまとめ

ビットコインの現物取引で手数料が受け取れる

Zaifでしか手に入らない珍しいトークンも取り扱っている

販売所よりも取引所の方が取り扱い銘柄数が多い

Zaif公式ページはこちら

4-4 Zaifのデメリットまとめ

メジャーなアルトコインの取り扱い数が少なめ

5 ビットコインの今後は?

bitcoin-toha-5

出典 : https://www.photo-ac.com

ビットコインは200万円台から60万円台まで急落し「ビットコインは終わった。」などと感嘆の声も一時は聞こえていました。

しかし現在は、変動を繰り返しつつなんとか100万円台まで値を戻しています。

「それでも最高価格の半分程度じゃないか!」と思ってしまう気持ちもわからなくもありません。

しかし仮想通貨市場はまだまだ未成熟ですので、ここで諦めてしまうのはいささか時期尚早と言えるでしょう。

ビットコインも今後信頼を回復するために、取引速度を大幅改善等を盛り込んだアップデートを行うとの情報もあります。

新しい機能が実装されたり従来のデメリットが改善されたりすれば、ビットコインへの期待感はすぐに価格となって表れるでしょう。

まとめ

今回は、ビットコインに関する基本的な知識を中心にご紹介しました。

ビットコインは仮想通貨の祖であると言っても、8年〜9年程度の歴史しかありません。

まだまだ技術的にも発展途上段階ですので、今後勢いを増していくことが予想されます。

今後もビットコインのアップデート情報に期待しつつ、動向を見守っていきましょう!

Zaifの公式ホームページはこちら↓

仮想通貨マーケット情報

仮装通貨総数:
取引所数:
仮想通貨全体時価総額(¥):
24時間総取引高(¥):
BTCドミナンス:

仮想通貨 (更新日)

BTC(JPY) -0.00 0.00
ETH(JPY) -0.00 0.00
XRP(JPY) -0.00 0.00
ADA(JPY) -0.00 0.00
LTC(JPY) -0.00 0.00
XLM(JPY) -0.00 0.00
XEM(JPY) -0.00 0.00
EOS(JPY) -0.00 0.00