初心者にやさしく解説!仮想通貨の始め方

kasoutuuka-hajimekata-main

 

最近、仮想通貨の話題をよく耳にするようにありましたが、自分も買ってみようかと考える方も多いのではないしょうか。一方で、仮想通貨に興味はあるけど、仮想通貨の始め方がまったくわからないとお悩みの方もいるはずです。

仮想通貨を売買するのは難しいと思われるかもしれませんが、そう思うのは知らないからです。仮想通貨の始め方はわかってしまえば、その簡単さに驚かれるでしょう。

そこで今回は、仮想通貨初心者のために、仮想通貨の基本的なこと、仮想通貨の始め方、仮想通貨を始める際に注意することなどについて解説します。

仮想通貨とは?

(1)仮想通貨とはどんなもの?

仮想通過とは「国家の管理を受けないインターネット上で取引されるデジタル通貨のこと」です。円やドル、ユーロなどは法定通貨と呼ばれ、国家のコントロールが及びますが、仮想通貨には国家のコントロールは及びません。仮想通貨はデジタルゴールドとも呼ばれ、通貨というよりも金などの金融商品に近いといえます。

(2)仮想通貨の特徴とは?

仮想通貨には、次の3つの特徴があります。

①国家により価値が保証されていない

法定通貨は国家により価値の裏付けがありますが、仮想通貨は国家による価値の裏付けはありません。法定通貨と交換できることが、仮想通貨の価値を裏付けているのです。

②実体のない暗号化された通貨である

仮想通貨はインターネット上で取引される電子データに過ぎず、実体のない暗号化された通貨です。仮想通貨は、高度な暗号化技術により偽造や二重払いなどのトラブルを防止できるように設計されています。暗号技術にブロックチェーンという技術を組み合わせることで、過去の取引の真正を担保しているのも特徴です。

③セキュリティに配慮されている

仮想通貨は電子データに過ぎないため、簡単にコピーされたり改変されたりするのではという不安があるかもしれません。ところが、仮想通貨はブロックチェーンという技術により、取引のデータがすべて記録されるようになっています。そのため、不正が行われるとすべて記録が残り、その不正な操作は価値がないものとなる仕組みになっているのです。

(3)仮想通貨にはどんな種類がある?

仮想通貨にもいろいろな種類があり、大きく次の3つに分類されます。

①もっとも有名で普及しているビットコイン

仮想通貨にもいろいろな種類がありますが、ビットコインは仮想通貨の代表的な存在です。仮想通貨の中ではもっとも有名で、多くのネットショップや実店舗で決済に利用されています。国際的な取引をする場合に為替レートや両替手数料が不要なので、ビットコインは海外送金の手段として利用される仮想通貨のハブ的存在です。

②種類が豊富なアルトコイン

ビットコインは初めての仮想通貨ということで普及しましたが、初期に登場したものであるため不便さがあります。それを解消するためにために新しい機能を盛り込んで開発されたのが、次世代の仮想通貨「アルトコイン」です。

さまざまな機能を盛り込んだアルトコインが開発され、似たようなものも数多く開発されました。アルトコインの中には、人気が出て価格が高騰するものもあれば、それほど人気が出ないものもあります。アルトコインの数は把握できないほど多く、国内の取引所で取り扱っていないものがほとんどです。

③企業の発行する仮想通貨もある

ICOという方法により企業が独自に仮想通貨を発行することもあります。ICOとはイニシャル・コイン・オファーリングの略称で、「新規仮想通貨公開」という日本語訳になります。わかりやすく説明すると、ICOとは、企業がトークンという仮想通貨を独自で発行し、個人に購入してもらい資金調達する仕組みです。

仮想通貨の仕組みをまねていますが、システムを分散して共有していない点がビットコインなどとは異なります。そのため、発行体である企業が仮想通貨を勝手に無価値とすることも可能です。

仮想通貨を入手する4つの方法

仮想通貨を入手するには、次の4つの方法があります。

(1)取引所で購入する

仮想通貨の取引所で購入するのが、もっとも簡単な仮想通貨の入手方法です。取引所で仮想通貨を購入するためには、アカウントを作成して口座開設する必要があります。口座へ入金するかクレジットカードで決済すれば、仮想通貨を購入することが可能です。

(2)マイニングの報酬

マイニングとは仮想通貨を採掘することですが、鉱物を採掘するのとは違います。コンピューターを使って仮想通貨の取引を確認して、取引台帳(ブロックチェーン)に追記していく作業が仮想通貨のマイニングです。

対価を払わずに仮想通貨を入手できる方法ですが、マイニングを行なうには高性能なコンピューターと高度な専門知識が必要となります。

(3)ポイントサイトを利用する

ポイントサイトの中には貯まったポイントをビットコインに交換してくれるところがあります。対価を払わずに仮想通貨を入手できる方法の一つですが、一定のポイントを貯めることが条件です。また、交換してもらうにはビットコインが取引できる口座を開設しておく必要があります。

(4)企業のICOに参加する

企業がICOにより発行する仮想通貨は、資金を提供すれば入手できます。ICOにより仮想通貨を入手する場合、取引所を通さず企業から直接受け取ることになるため、安い価格で入手することが可能です。ただし、入手するための手続きは取引所から購入する場合よりも難しくなります。

仮想通貨初心者におすすめの取引所

仮想通貨の取引所は数多くあるため、どこにしようかと迷う方もいるでしょう。ビットコインはどこの取引所でも購入できますが、取引所によっては扱っていないアルトコインもあります。以下では、仮想通貨初心者におすすめの取引所を紹介します。

(1)Zaif(ザイフ)

ザイフでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ネム、モナーコインなど5種類の仮想通貨を取り扱っています。口座開設や口座維持に費用はかからず、毎月一定額の仮想通貨を積立できる「Zaifコイン積立」というサービスがあるのが特徴です。

(2)Bitbank(ビットバンク)

ビットバンクでは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、リップル、モナコインなど6種類の仮想通貨を取り扱っています。

すべての仮想通貨の取引手数料が無料というのが特徴で、スマホ・PCでも操作しやすく初心者にはおすすめの取引所です。

また、レバレッジ20倍までの仮想通貨FXの取引もでき、セキュリティがしっかりしています。

(3)bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、ビットコイン・キャッシュ、ライトコイン、リスク、モナーコインなど7種類の仮想通貨を取り扱っています。

ビットコインの取引量は日本で最も多く、保険による補償もあり、万全のセキュリティ体制の取引所です。無料でビットコインがもらえるサービスもあります。

何から始めればいい?仮想通貨の始め方の流れ

仮想通貨の始め方の大きな流れは、「口座開設⇒仮想通貨の購入⇒仮想通貨の保管」です。以下では流れに沿って解説していきます。

(1)取引所でアカウントを作成して口座開設する

①アカウント作成

取引所のサイトへアクセスして、ユーザー登録画面からメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。FacebookなどSNSのアカウントを利用してアカウントを作成することも可能です。

②メールを確認する

アカウント作成のボタンをクリックするとメールが送信され、すぐに返信があります。登録したメールアドレスのメールをチェックして、到着しているメールのリンクをクリックすると登録完了です。

③電話番号を登録する

取引所から届いたメールのリンク先で、本人確認の手続きとして電話番号登録を行ないます。電話番号を登録してSMS送信をすると認証番号が送信されてくるので、認証作業をすれば完了です。

④重要事項を確認する

電話番号登録の後に行なうのが重要事項の確認ですが、各項目を確認してチェックを入れるだけで完了します。

⑤本人確認作業をする

重要事項の確認が完了したら、個人情報の入力と本人確認用の写真をアップします。登録する際には身分証明書が必要になりますが、ほとんどの場合に顔写真付きであることが条件となっているので注意しましょう。一般的な顔写真付きの身分証明書は、パスポートや免許証、マイナンバーカードなどです。

本人確認作業まで完了すれば、口座で取引ができるようになります。

(2)取引所で仮想通貨を購入する

ここからは、実際に仮想通過を購入する流れについて説明します。

①日本円を入金する

自分の口座へ日本円を入金しますが、入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クレジットカード決済のいずれかになります。ただし、クレジットカード決済については対応していない取引所もあるので、事前に対応しているかどうかを確認しましょう。

②仮想通貨を購入する

入金が完了したら仮想通貨を購入します。ほとんどの取引所は、PCだけでなくスマホから操作できるので気軽に仮想通過を購入することが可能です。

(3)仮想通貨を保管する

購入した仮想通貨は保管する必要がありますが、保管方法には以下の2つがあります。

①取引所へ保管する

仮想通貨は取引所で購入するので、取引所の口座で保管するのはもっとも簡単な方法です。特に何もすることもなく、ただ預けるだけです。預けているだけで利子が発生するサービスもある取引所ならお得です。

ただし、取引所がハッキング被害にあったり、取引所が不正を行なったりするリスクがあるため、不安な方は万が一の場合に保険で補償してくれる取引所を選ぶといいでしょう。

②自分で保管する

仮想通貨は電子データなので、自由に送りたいところへ送れます。取引所へ保管するのが不安な方は、自分のハードディスクやネット上のクラウドサービスなどで保管することも可能です。これらの方法ではネットワークと切り離されるので、ハッキング被害から守ることができます。

ただし、ハードディスクの破損・紛失またはデータの誤送信により仮想通貨を失うリスクがあるので注意しましょう。

これだけは知っておきたい!仮想通貨のリスク

仮想通貨にはいろいろな魅力がありますが、以下のようなリスクがあること知っておきましょう。

(1)盗難や紛失のリスク

前述のとおり、仮想通貨を取引所へ保管しているとハッキングにより盗難の被害にあうリスクがあります。また、自分でハードディスクへ保管していると紛失してしまうリスクもあるのです。

(2)価格変動リスク

仮想通貨の市場価格は日々変動していますが、株や為替のように市場が成熟していないため価格変動の幅は大きくなりがちです。良いニュースがあれば価格は高騰しますし、悪いニュースがあればあっという間に暴落します。株式のようにストップ高やストップ安などのコントロールができないので、価格変動の幅が大きくなるのです。一瞬にして大きな価格変動の起きるリスクがあることを忘れないようにしましょう。

(3)悪徳商法や詐欺の被害に遭うリスク

仮想通貨の人気が高まってくると、悪徳商法や詐欺の被害にあうケースが増加しています。

たとえば、ICOによる詐欺やフィッシング詐欺、なりすましにより仮想通貨を送らせるなどの手口を使ってくるので、だまされないように注意しましょう。

仮想通貨のセキュリティ対策をしよう

前述の通り、仮想通過には紛失や盗難にあうリスクがあるため、セキュリティ対策として次の3つのことをしておくことをおすすめします。

(1)複数の取引所へ分散させる

仮想通貨は大切な資産です。一つの取引所だけに保管していると、紛失や盗難によりすべての資産を失ってしまうリスクがあります。複数の取引所に登録して分散して保管すると、被害を最小限にとどめることが可能です。

また、取引所によって取り扱う仮想通貨の種類が異なりますし、万が一サーバーに障害が発生した場合のことも考えて、複数の取引所へ登録しておくといいでしょう。

(2)ハッキング対策をする

ハッキング対策にもいろいろな手段がありますが、二段階認証は必ずしておくことをおすすめします。二段階認証では、IDとパスワードの設定に加えて、セキュリティコードを設定してログインの安全性を高めます。国内の取引所では、二段階認証を設定できるところがほとんどなので、必ず設定するようにしましょう。二段階認証の設定が保険の補償条件となっているほど重視されています。

(3)ハードウェアウォレットで保管する

ハードウェアウォレットには仮想通貨を保管するのではなく、秘密キーを保管します。秘密キーと仮想通貨のアドレスが一致しないと、仮想通貨の送金や受金はできない仕組みになっているのです。ハードウェアウォレットをオフラインの状態にしておくと、秘密キーを盗まれるリスクはなくなります。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、仮想通貨初心者のために、仮想通貨の基本的なこと、仮想通貨の始め方、仮想通貨を始める際に注意することなどについて解説しました。仮想通貨の始め方について理解できたのではないでしょうか。

仮想通貨の取引には魅力がありますが、価格変動やハッキングなどのリスクもあります。

とはいえ何事も慣れることが大切です。リスクをしっかりと理解した上で、まずは少額から仮想通貨の取引を始めてみることをおすすめします。

 

仮想通貨マーケット情報

仮装通貨総数:
取引所数:
仮想通貨全体時価総額(¥):
24時間総取引高(¥):
BTCドミナンス:

仮想通貨 (更新日)

BTC(JPY) -0.00 0.00
ETH(JPY) -0.00 0.00
XRP(JPY) -0.00 0.00
ADA(JPY) -0.00 0.00
LTC(JPY) -0.00 0.00
XLM(JPY) -0.00 0.00
XEM(JPY) -0.00 0.00
EOS(JPY) -0.00 0.00