仮想通貨とは何か?初心者にわかりやすく意味と歴史を解説!

仮想通貨というキーワード自体は圧倒的な認知度を誇っています。

その一方で「仮想通貨って要するに何?」と訊かれると、正直なところよくわからないという方も多いはずです。

実際に仮想通貨投資を行なっている投資家の方でも、ぼんやりとしたイメージでしか捉えていない方もいらっしゃいます。

何のことだか分からないまま、何となく投資運用を行うというのもクールではありませんよね…。

今回はそんな曖昧なイメージを取り払うべく、まずは「そもそも仮想通貨とは何なのか?」という基本的な部分から確認していきましょう!

これから仮想通貨投資を行う初心者の方でも理解しやすいように、丁寧に解説いたします。

 

1 そもそも仮想通貨とは何か?

出典 : https://www.photo-ac.com

1-1 仮想通貨はデジタル通貨の一種

仮想通貨とは簡単に言ってしまうと、「デジタル通貨」の一種です。実体はありませんので、硬貨やお札のように手にとって触れることはできません。

仮想通貨の最たる例としては、やはりビットコインが挙げられるでしょう。

ただしビットコインを始めとする仮想通貨は、100円玉や1万円札のように国が主体となって発行しているわけではありません。

あくまで仮想通貨の発行元は民間企業です。「法定通貨」としての力は認められておらず、その価値は利用する人々の信頼によって成り立っています。

そのため「仮想通貨で税金を支払う」といったことはまだできません。

ただし一部実店舗やインターネット通販で物を購入する際、支払い手段として利用することは可能です。

ちなみに仮想通貨の定義については、資金決済法という法律で以下のように定められています。

 

「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は

「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」

出典 : 電子政府の総合窓口 e-Gov

 

やたらと難解な言葉ばかり使っているので、正直何を言っているかわかりづらいですよね!

要するに「誰かとの間で物を売ったり買ったりする時に、電子マネーのようにシステム上で代金を相手方に渡す処理ができる通貨が仮想通貨である」と法律上定められているわけです。

1-2 一番初めに誕生した仮想通貨はビットコイン

この世で一番最初に仮想通貨として産声をあげたのが、皆さんお馴染みの「ビットコイン(BTC)」です。

もはやビットコインは、世界的なトレンドと言っても過言ではないキーワード。

実はそのビットコインは、名前も性別も年齢も国籍もわからない「ナカモト サトシ」という人物が2008年にウェブ上で発表した論文をきっかけに生まれました。

その論文発表後の翌年2009年には、ビットコインのソフトウェアを発表し、仮想通貨としての運用をスタートしています。

1-3 ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれる

仮想通貨は現在すでに1500種類以上存在していますが、これらをざっくりと分類すると「ビットコイン」と「アルトコイン」の2つに分かれます。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

例えば、イーサリアム・イーサリアムクラシック・ライトコイン・ビットコインキャッシュ・リップル・ネム…などこれらは全てアルトコインということになります。

アルトコインも仮想通貨ですが、ビットコインの持つ欠点を改善するために生まれたもの、そもそも通貨として流通させる意図がないものなどその目的は様々です。

2 仮想通貨が誕生した理由

出典 : https://www.photo-ac.com

では、どうして仮想通貨は生まれたのでしょうか?

その理由として主に以下の2つが挙げられます。

銀行のような管理者の存在しない自由な取引を実現するため

2-1 銀行のような「管理者」の介在しない自由な取引を実現するため

仮想通貨が誕生した理由の一つとして、銀行のような「管理者」の介在しない自由な取引を実現するという目的が挙げられます。

円・ドル・ユーロを始めとする「法定通貨」には、必ず「管理者」が存在します。

管理者とは要するに「中央銀行」のことです。日本国内だと、中央区日本橋に本店を構える「日本銀行」が挙げられます。

アメリカならば「連邦準備制度理事会」、中国ならば「中国人民銀行」が中央銀行です。

小・中学校の授業でも、「中央銀行は”発券銀行”でもあり”銀行の銀行”でもあり、また”政府の銀行”でもある。」と社会科の先生から教わった方も多いのではないでしょうか?

確かに中央銀行は、国の通貨を管理する中央集権的な役割を担っています。ですが、それゆえに余計なコストを発生させてしまいがちです。

例えば、送金時に手数料を徴収された経験はありませんか?これも銀行という「管理者」が存在するからこそ発生してしまうコストの一つです。

一方、銀行のような管理者・管理組織を持たない仮想通貨ならば、そのようなコストは発生しません。

仮想通貨は、人々がもっと自由に活き活きと取引ができる世界を実現するために生まれた革新的な技術なのです。

2-2 通貨の偽造・取引記録の改ざん等の不正行為を防ぐため

ビットコインを始めとした仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる高度な技術が用いられています。

ブロックチェーン技術についてはこの後詳しく解説しますので、今の段階では「記録した取引履歴を公開しておくシステム」と覚えておいてください。

あらゆる取引履歴をブロックチェーン上に記録・公開しコンピューターによって監視させることで、通貨の偽造・取引記録の改ざんといった不正行為が起こりにくくなります。

これにより、従来の銀行よりもずっとスマートかつ安全な取引を行えるようになるのです。

3 仮想通貨を支える技術

出典 : https://www.photo-ac.com

仮想通貨に関する基本的な知識を確認したところで、お次はテクニカルな側面も押さえていきましょう。

仮想通貨を支える代表的な技術として、以下の2つが挙げられます。

  • ブロックチェーン
  • P2P通信(peer-to-peer通信)

少しだけ難しいキーワードですよね。

でもこれらの技術に関する知識がないからと言って、今後の仮想通貨投資に支障をきたすことはほとんどありません。

まずはあまり難しく考えないようにして、ざっくりと概要を頭に入れることができれば十分です。

3-1 ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、2009年に誕生してから現在に至る取引履歴の「塊(ブロック)」をあたかも「鎖(チェーン)」で繋ぐかのように記録しているシステムのことです。

分散型台帳と呼ばれることもあります。

もっとわかりやすく言うと「世界中の人たちが閲覧することのできる台帳」がブロックチェーンです。

ブロックチェーンにおいてはあらゆる取引履歴が、ネットワーク上で公開されているため、世界中の利用者たちがそのデータを閲覧することができます。

「何時に・どこで・誰宛に・いくらの」取引を行なったのか、その取引履歴を公開し、世界中の人たちに相互監視させているのです。

このブロックチェーンによって、取引内容の透明性を確保し、安全な仮想通貨取引を実現しています。

3-2 P2P通信(peer-to-peer通信)

P2P通信とは要するに、サーバーを必要としない通信方法のことです。P2Pは「ピアツーピア」 と読みます。

普段私たちがPCを使ってインターネット上のサービスを利用する場合、サービスを要求する側(クライアント)⇄ サービスを提供する側(サーバー)の「クライアント・サーバーモデル」の構図が成立します。

例えばYouTubeを使って動画を閲覧する場合を考えてみましょう。

「動画を閲覧するPC = クライアント」と「動画を配信・提供するYouTube = サーバー」という関係が見て取れますね!

一方P2P通信においては、このクライアントとかサーバーという概念がそもそも存在しません。

コンピュータ同士がサーバーを介さずに直接通信を行うのがP2P通信というわけです。

仮想通貨取引においても、このP2P通信技術を用いることで特定の組織等による管理を必要とせず、自由なフラットな取引ができるようになっています。

4 仮想通貨を手に入れる方法

出典 : https://www.photo-ac.com

仮想通貨を手に入れる方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

  1. 取引所で仮想通貨を購入する
  2. サービスの対価として受け取る
  3. マイニングをする

このように実は、仮想通貨を手に入れる方法は一つではないのです。

それではそれぞれについて詳しく見ていきましょう!

4-1 取引所で仮想通貨を購入する

最も簡単に仮想通貨を手に入れるなら、取引所で購入する方法が一番です。

テレビでも、bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)といった取引所のコマーシャルを見たことがありませんか?

仮想通貨は、基本的にbitFlyerやZaifのような「仮想通貨取引所」と呼ばれるところで購入する必要があります。

そのためにはまず、仮想通貨取引所に登録しアカウントを作成しなくてはなりません。

アカウント作成後は、銀行やネットバンキングを利用して取引所に日本円を入金し、そのお金でお好みの仮想通貨を購入するという流れになっています。

仮想通貨を手に入れるなら、まずは取引所のアカウントを作成することから始めていきましょう!

4-2 対価として仮想通貨を受け取る

取引所で購入する方法以外にも、ある仕事の対価として仮想通貨を手に入れることができる場合もあります。

例えば、仮想通貨のアフィリエイトプログラムが典型でしょう。

自分の立ち上げたブログメディア上で、仮想通貨取引所を紹介し、ブログを経由して取引所の新規登録があった場合にはその対価として仮想通貨を手に入れることができるというものです。

少し手間がかかりますが、うまく集客できた場合には結構な額の報酬を得ることができます。

検索エンジンの最適化(SEO)等に関する知識が必要になりますが、興味のある方はご自身の勉強も兼ねてブログを立ち上げてみても良いかもしれませんね!

4-3 マイニングをする

マイニングという方法でも仮想通貨(主にビットコイン)を手に入れることができます。

マイニングとは要するに仮想通貨が恒常的に行なっている複雑な計算処理に、自分のPCの計算能力を貸し出してあげることで、その対価として仮想通貨を手に入れる方法です。

マイニングには主に以下の3つの方法が存在します。

  • クラウドマイニング…企業にお金を支払って代わりにマイニングをしてもらう方法
  • プールマイニング…マイニングプールを利用して複数人でマイニングを行う方法
  • ソロマイニング…完全に単独でマイニングを行う方法

一番手軽なのはクラウドマイニングですが、簡単な分、もらえる報酬も少なめです。

ある程度報酬が欲しい場合にはプールマイニング 、報酬を独り占めしたい場合はソロマイニングを行うことになります。

ただしソロマイニングを行う場合には、CPUやメモリに関する深い知識や専門機材を購入する必要があるため、初心者にとっては現実的な手段ではありません。

初心者の方は、まずは順当に取引所で仮想通貨を購入されることをオススメいたします。

 

5 仮想通貨を決済手段として採用している主な企業

出典 : https://www.photo-ac.com

実はすでに仮想通貨を決済手段として採用している企業が、日本国内にも存在します。

今回はその中でも、比較的知名度の高い以下の3社についてご紹介いたします。

  • ビックカメラ
  • メガネスーパー
  • DMM.com

5-1 ビックカメラ

コマーシャルなどでもお馴染みのビックカメラ。

みなさんの中にも、家電を購入するならビックカメラという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ビックカメラはなんと全店でビットコイン(BTC)による決済に対応しています。

大手家電量販店が決済手段としてビットコインを採用したことは、「決済手段」としての仮想通貨の普及に大きく貢献したと言えるでしょう。

5-2 メガネスーパー

眼鏡・コンタクトレンズの販売を行う大手チェーン店のメガネスーパーも、全店でビットコイン決済に対応しています。

メガネ業界という比較的古風な業界で、ビットコイン決済という最新の決済手段を導入したことで話題となりました。

今後もメガネスーパーのようなちょっと意外なお店で、仮想通貨の決済対応が進むこともあるかもしれません。

5-3 DMM.com

色々お世話になっている方も多いはず…動画コンテンツ配信サービス大手のDMM.comでも、ビットコイン決済が可能です。

DMM.com自体がすでにDMM Bitcoinという取引所の運営を行なっているため、仮想通貨に関する最新のサービスの導入にも積極的な姿勢であるのにも納得です。

ただし、利用料金を直接ビットコインで支払う訳ではなく、サイト内で利用する「DMMポイント」のチャージにビットコインが利用できるという内容になっています。

 

まとめ

今回は、「仮想通貨とは?」という基本的な内容を中心に、仮想通貨を決済手段として採用している企業に至るまで網羅的にご紹介しました。

仮想通貨とは、私たちの日常的な取引をスマートかつ安全に完結できる革新的な技術なのです。

今回ご紹介した内容はどれも初歩的なものばかりですので、気になるキーワードはぜひご自身で深堀りしてみてください。

そうすることで仮想通貨市場全体に対する知識が少しづつ備わってくるはずです。

日頃から仮想通貨に関する最新の技術や情報には、常にアンテナを張っておきましょう。

 

仮想通貨マーケット情報

仮装通貨総数:
取引所数:
仮想通貨全体時価総額(¥):
24時間総取引高(¥):
BTCドミナンス:

仮想通貨 (更新日)

BTC(JPY) -0.00 0.00
ETH(JPY) -0.00 0.00
XRP(JPY) -0.00 0.00
ADA(JPY) -0.00 0.00
LTC(JPY) -0.00 0.00
XLM(JPY) -0.00 0.00
XEM(JPY) -0.00 0.00
EOS(JPY) -0.00 0.00