仮想通貨のマイニングとは?方法や意味を優しく徹底解説!

cryptocurrency-mining

 

マイニングをすると仮想通貨がもらえるという話を聞いたことがありませんか。

仮想通貨の取引をしているとマイニングという言葉を日常的に耳にするようになりますが、報酬として多額の仮想通貨をもらえるためマイニング事業に参入する企業は増加しています。国家がマイニング事業に参入しているケースもあるほどです。

個人でマイニング事業へ新規参入する方もいて、マイニングに興味のある方は多いでしょう。

そこで、今回はマイニングの仕組みや方法、マイニングの始め方、注意点などについてわかりやすく解説していきます。この記事を読めば、マイニングに関する知識を身につけることができるでしょう。

仮想通貨のマイニングとは?

マイニングとは日本語で「採掘」という意味ですが、仮想通貨のマイニングとは暗号解読により仮想通貨を採掘することを意味します。

暗号解読をもっとわかりやすく言うと、仮想通貨の取引の計算をすることです。ただし、マイニングをするライバルはたくさんいて競争が激しいので、計算をした人すべてに報酬が支払われるわけではありません。だれよりも速く複雑な計算をした人だけに報酬が支払われる仕組みになっているため、できるだけ速く計算する必要があります。

そのためには大規模な設備を準備する必要があるため、大手企業がマイニング事業へ参入しているのです。

マイニングには2つの役割がある

仮想通貨のマイニングは必要とされていますが、それはマイニングに2つの重要な役割があるからです。

(1)取引の承認

仮想通貨のマイニングでは膨大な量の計算を行ないます。それは仮想通貨の送金元と送金先のデータが正しいかどうかを検証し、正しいと認められると書き換えできないようにするために行なわれるのです。この承認作業が正しく行なわれることで、仮想通貨の安全性が担保されています。

(2)仮想通貨の新規発行

膨大な計算をしてマイニングに成功したマイナー(採掘者)には、成功報酬として仮想通貨が支払われます。この仮想通貨は新規発行されたもので、マイニングの成功により仮想通貨の発行総数は増えていくのです。マイニングは、仮想通貨を新規発行して発行総数を増やしていく役割を果たしています。

仮想通貨のマイニングはどんな仕組みになっているの?

仮想通貨の取引が行なわれるとデータを保管する単位であるブロックが一定の時間ごとに生成されていくので、マイナーはブロックの計算問題を計算していきます。

計算された答えと解答が一致していると、取引は承認されて取引台帳(ブロックチェーン)へ記録されます。一番早く正しい答えを出したマイナーには報酬として仮想通貨が支払われるのです。

 

このようなマイニングの仕組みがあるおかげで、仮想通貨は中央集権的な管理をする存在がいなくても正当性が担保されています。

マイニングを始めるには何が必要?

マイニングがどういうものかわかったら、実際にマイニングをしてみたいと考える方もいるでしょう。マイニングを始めるには、次のものを準備する必要があります。

(1)ウォレット

マイニングの成功報酬は仮想通貨で支払われるので、仮想通貨を受け取って保管するためのウォレットを作成する必要があります。

マイニングの設定をする際に、ウォレットの受け取り用アドレスを登録しなくてはならないためです。

ただし、ウォレットならどんなものでもいいわけではなく、マイニングをする仮想通貨に対応しているウォレットを作成しましょう。

(2)マイニングマシン

マイニングをする機材として、マイニングマシンが必要になります。パソコンでもマイニングはできますが、ASICというマイニング専用機材の方が性能は優れているのでおすすめです。

マイニングマシンは日本のショップでも購入できますが、安く購入したい場合は海外から購入することをおすすめします。

また、マシンによってはマイニングできない仮想通貨もあるので、対応している仮想通貨を確認してから購入するようにしましょう。

(3)マイニングソフト

マイニングにも種類があって、マイニングソフトを使用する必要がある場合があります。マイニングソフトをわざわざ購入しなくても、インターネット上のサイトからダウンロードすることが可能です。

マイニングソフトはインストールして各種設定をしてから使用しますが、プログラムに手を加えることもあります。その場合には、ネットでリサーチしながらでも十分対応できるので安心してください。

(4)インターネット環境

マイニングをする場合にはマイニングマシンを動かしますが、その際には常にインターネットに接続しています。安定したインターネット環境はマイニングを行なう際の前提条件です。

(5)電気代

マインングマシンを作動させて常にインターネットに接続するため、機材以外に電気代がかかってきます。

他の国に比べると日本は電気代の高い国なので、マイニングの報酬だけでなく機材代や電気代などの経費についても考えなくてはなりません。経費がかかり過ぎると、マイニングの報酬をもらっても赤字になることがあるので注意しましょう。

マイニングには3つの方法がある

マイニングがどういう仕組みかわかると、実際にマイニングをしてみたくなるでしょう。マイニングには次の3つの方法があります。

(1)クラウド・マイニングの利用

クラウド・マイニングとは、マイニング業者へ投資して、配当として仮想通貨を受け取る方法です。自分でマイニングをしないので、マイニングの機材を揃えたり、マイニングソフトの専門知識を身につけたりする必要はありません。この方法なら企業による競争が激しくても、個人がマイニングに参加できます。

ただし、仮想通貨の価格が下落して利益が出なければ、業者から配当を受け取れません。また、業者が倒産すると配当が受け取れないだけでなく、投資したお金が返ってこないリスクもあります。

(2)プールマイニング

マイナーたちがグループを形成してマイニングをすることをプールマイニングと言い、その形成したグループをマイニングプールと言います。プールマイニングを行なった報酬はグループで受け取り、各マイナーが貢献した計算力の割合に応じて分配されるのがルールです。

個人では対応できないような複雑かつ高度な計算でも、プールマイニングなら組織力で対応できます。個人では報酬をもらえなかったマイナーでも、マイニングプールに参加して報酬を安定的に受け取れるのがメリットです。

プールマイニングは組織に所属して自分でマイニングをするのであり、クラウトマイニングのように業者へ投資してマイニングをしないわけではありません。そのため、マイニングの機材代や電気代などの経費がかかってきます。

またマイニングの報酬は安定していますが、個人でマイニングする場合のように報酬を自分だけで受け取れるわけではありません。

(3)ソロマイニング

ソロマイニングとは、マイナーのグループに所属せず、自分だけでマイニングを行なうことです。この方法でマイニングしている人は、真剣に利益を追求するのではなく、趣味としてマイニングを楽しんでいます。

プールマイニングは報酬が安定していますが、マイニングがうまくいって大きな報酬を受け取ることはありません。ところが、ソロマイニングはマイニングに成功して大きな報酬をもらったら、すべて自分のものとすることができるのです。

また、プールマイニングでは組織を運営しているため運営費という名目で少額ながら手数料を徴収されます。これに対してソロマイニングでは、自分だけなので運営費を徴収されることはありません。

ただしソロマイニングはプールマイニングのように安定して報酬がもらえるわけではありません。運悪くマイニングが成功しない日には報酬がゼロということはあり、報酬が不安定で日によって差があります。

また、自分でマイニング作業をしなくてはいけないので、機材を揃えたり、マイニングソフトの設定をしたりとやることは多く手間がかかります。クラウドマイニングのように投資するだけというわけにはいきません。

個人がマイニングで稼ぐにはどうすればいい?

マイニング事業に企業が参入するようになって、個人がマイニングで稼ぎにくくなったと言われています。

たしかにビットコインのようなメジャーな仮想通過は競争が激しいのですが、ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインならまだ競争は激しくありません。個人がこれからマイニングを始めてもチャンスはあります。

特にこれから人気の出そうなアルトコインならライバルは少ないので、新規参入しても成功する可能性はあるでしょう。ただし、ライバルが少ないということは知名度が低いということでもあり、がんばってマイニングしてもそれほど価値が出ないリスクもあります。アルトコインをマイニングする場合は、よくリサーチして慎重に選ぶことが大切です。

仮想通貨のマイニングウイルスに注意

複数のサイトを見ていたら急に動きが重くなったり、パソコンを起動させると内蔵されているファンの異常音が発生したりした場合、マイニングウイルスに感染している可能性があります。

(1)マイニングウイルスとは

マイニングウィルスとは、他人のパソコンで勝手にマイニング作業を行なうウィルスです。

ハッカーは他人のパソコンやスマホのCPUを勝手に利用してマイニングを行い、成功報酬を獲得するためにマイニングウィルスを作って拡散しています。

マイニングウィルスはパソコンやスマホのCPUを利用するのですが、過度に使われると冷却装置のファンが作動したままになります。この状態になると他の動作ができなくなったり、急にシャットダウンしたりするリスクがあるのです。ただし、他のファイルを破壊したり、シャットダウンして動かなくなったりということはありません。

マイニングウィルスの中には、ブラウザを閉じた後でもマイニングをし続ける悪質なものもあります。

(2)マイニングウイルス対策はどうすればいい?

では、マイニングウイルスに感染しないためにはどうすればいいのでしょうか。

マイニングウイルスに感染する原因を調べてみると、感染する人は軽率な行動をとっているケースがほとんどです。つまり、マイニングウイルスの感染経路をまったく認識していません。したがって、マイニングウイルス対策としては既存のウィルス対策と同じようなことをすればいいだけです。

  • 知らない送信元からのメールは開かない
  • 不審なメールに添付されているファイルは開かない
  • ウィルス対策ソフトを導入する
  • あやしいツ-ルやソフトはインストールしない
  • 違法サイトやあやしいサイトは閲覧しない

 

送信元が海外のメールの添付ファイルを開いてマイニングウィルスに感染するというのがよくあるパターンで、メールのタイトルもつい開きたくなるような言葉が使われています。

マイニングウイルス感染させるための誘導の手口は巧妙になっているので、あやしいサイトは閲覧しない、メールの添付ファイルは開かないということ心がけましょう。

(3)マイニングウィルスの感染はチェックできる

気づかないうちにパソコンやスマホがマイニングウィルスに感染していることはよくあることです。心配な方は自分のパソコンやスマホがマイニングウィルスに感染していないか確認してみましょう。

では、どうやってマイニングウィルスの感染を確認すればいいのでしょうか。

簡単にできるのは、ウィルス対策ソフトでスキャンしてチェックする方法です。ウィルス対策ソフトなら最新のマイニングウィルスを感知できるように常にアップデートしているので、ウィルス対策として信頼できます。

また、パソコンに内蔵されているウィルス感知システムでもマイニングウィルスの感染を発見することは可能です。パソコンやスマホの動きが重かったり、ファンの音がやまなかったりした場合は、マイニングウィルスの感染の疑いが高いのでチェックしてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、マイニングの仕組みや方法、マイニングの始め方、注意点などについて解説しました。仮想通貨のマイニングがどういうものかイメージできたのではないでしょうか。

マイニングには機材や費用がかかるので、興味があっても行動を起こせない人もいるかもしれません。自分でマイニングをするのはハードルが高いと感じる方は、まずはクラウドマイニングから気軽に始めてみてはいかがでしょう。

 

仮想通貨マーケット情報

仮装通貨総数:
取引所数:
仮想通貨全体時価総額(¥):
24時間総取引高(¥):
BTCドミナンス:

仮想通貨 (更新日)

BTC(JPY) -0.00 0.00
ETH(JPY) -0.00 0.00
XRP(JPY) -0.00 0.00
ADA(JPY) -0.00 0.00
LTC(JPY) -0.00 0.00
XLM(JPY) -0.00 0.00
XEM(JPY) -0.00 0.00
EOS(JPY) -0.00 0.00