仮想通貨って儲かるの?メリットや仕組みなどを紹介!

cryptocurrency-profitable

 

仮想通貨の話題を身の回りで聞くようになると、「仮想通貨って儲かるのかな?」「実際のところどうなんだろう?」とお考えの方もいるでしょう。

仮想通貨がどういうものか知らなければ、「投資するのは危ないんじゃないか」と思うのも無理もありません。しかし、仮想通貨にどんなメリットがあり、どんな仕組みになっているのか、どんな投資の方法があるのか、を理解すれば、初心者でも他の投資よりやりやすいということがわかります。

そこで今回は、仮想通貨はなぜ儲かるのか、そのメリットや仕組み、儲け方などについて解説していきます。

まずは仮想通貨の仕組みを理解しよう

仮想通貨の投資を始めるには、その仕組みについて理解する必要があります。

ただし、仮想通貨にも数多くの種類がありますが、システムの共通する部分としては次の3つが重要です。

(1)ブロックチェーン

ブロックチェーンは仮想通貨の中核となる技術であり、分散型台帳技術または分散型ネットワークとも言います。仮想通貨が取引されると履歴(トランザクション)が残り、それら複数の履歴をまとめたかたまりをブロックと言い、これをチェーンでつなげたように保存しているので「ブロックチェーン」と呼ぶのです。

仮想通貨は特定の団体や機関により管理されることはなく、世界中の複数のサーバーに分散して保存されています。法定通貨の場合は中央集権的存在である銀行が管理しますが、仮想通貨の場合は権限が一つの場所へ集中することはなく分散されているためネットワークは破壊されにくいの特徴です。

もしデータが破壊されたとしても、他のサーバーにも同じデータが保存されているため修復することができます。また、ユーザーはすべての取引履歴を閲覧することが可能なため、システムのハッキングを早期に発見できるのも特徴です。

(2)P2P(ピア・ツー・ピア)

P2Pとは「Peer to Peer」を略したもので、複数あるコンピュータがサーバーを介することなく直接にデータをやり取りする通信方式です。仮想通貨はP2Pネットワークにより成立しています。一つの場所へ権限を集中させることなく、ノードというネットワークにより分散して管理しているのです。ノードとは、仮想通過のネットワークでつながっているコンピュータの端末を意味します。

P2Pネットワークは、データが一箇所に集中してサーバーがダウンするリスクがないのが特徴です。例えば、A、B、C、Dという複数のサーバーでデータを分散して管理していれば、Aのサーバーにデータが集中してもB、C、Dというサーバーがあるためサーバーダウンのリスクを軽減できます。サーバーの数が増えて世界規模になったのが仮想通貨だと説明すると、イメージしやすいでしょう。

(3)マイニング

マイニングとは、新しい取引情報を解析して、ブロックチェーンを生成するための膨大な計算作業です。マインングには、仮想通貨の新規発行と取引の承認という2つの役割があります。

マイニングでは膨大な計算作業を行ないますが、世界中で多くのユーザーが計算作業を競争しているのです。その中から一番早くマイニングに成功したユーザーに対して、報酬として仮想通貨が支払われます。仮想通貨が新規発行されるのは、マイニングに成功した場合だけです。

また、マイニングには取引の承認という大切な役割もあります。例えば、「ある人が友人に仮想通貨を送金した」というデータが正しいかどうかを検証し、正しいと認められるとデータの改ざんできないようにするのが承認作業です。一度承認されたデータは書き換えできなくなります。

仮想通貨に投資する5つのメリット

投資する金融商品にはそれぞれにメリットがありますが、ここでは仮想通貨に投資する5つのメリットについて解説していきます。

(1)大きな利益が期待できる

仮想通貨に投資する一番のメリットは、大きな利益を期待できることです。仮想通貨は時間の経過とともに大きな値動きをします。

ドルや円などの法定通貨は、1日の価格変動の幅は大きくても3%ほどですが、仮想通貨は1日10%~20%ほどの大きな価格変動をすることもあるのです。

また、株式の場合はストップ高・ストップ安という1日あたりの価格変動の規制がありますが、仮想通貨の場合は規制がなく短時間で大きな価格変動を起こします。大きな価格変動があるということは、うまくトレードすると大きな利益を上げることができるということです。

(2)いつでも取引可能

仮想通貨は時間に関係なくいつでも取引することができます。これに対して株式やFXはいつても取引できるわけではありません。株式の場合は月曜日から金曜日までの9時から15時までしか取引できないルールになっています。FXは24時間市場が開放されていますが、日曜日は取引できません。

忙しくトレード時間が取れない人でも、仮想通貨なら自分の都合に合わせて取引できるというメリットがあります。

(3)少ない資金で投資できる

株式投資の場合、自分が気に入った会社の株式を購入しようとしても、取引単位が決まっていて購入できないことがあります。相場を見ると1株あたりの価格がわかりますが、実際に取引する場合は100株とか1000株というように単元が決まっているのです。

例えば、1株1000円の株式の1単元が1000株であれば、購入するには1000円×1000株=100万円が最低でも必要になります。株式投資をするには、ある程度のまとまったお金が必要です。

一方で仮想通貨の場合は、少額からでも投資できるようになっています。例えば、ビットコインを購入する場合、1ビットコイン(BTC)が100万円でも0.0001BTCから購入することが可能です。100万円×0.0001BTC=1000円という少額からビットコインを購入できます。

(4)将来、市場が成長することが期待できる

ビットコインを中心に仮想通貨は高騰して、世間の注目を集めるようになりました。仮想通貨に投資する人も増え、大きな利益を上げる人も登場しています。また仮想通貨を投資のためだけに購入するのではなく、日常的なショッピングの決済のために利用されるようになってきました。さらに仮想通貨により資金調達を行なう企業も登場して、仮想通貨の利用シーンは広がっています。

今後も仮想通貨市場に参入してくる投資家や企業は増加していくことが予想され、さらに市場が成長していくことが期待されます。

(5)簡単には始められる

仮想通貨の技術的なところへ目を向けると難しいのではないか感じるかもしれませんが、仮想通貨の投資は簡単に始めることができます。

まず仮想通貨の取引所でアカウントを作成して口座を開設します。次に口座に日本円を入金して、仮想通貨を購入するだけです。口座開設に多少の時間がかかるかもしれませんが、手続きは簡単で、だれでも気軽に仮想通貨の取引を始められます。

なぜ仮想通貨は儲かるの?

仮想通貨に投資するメリットは理解できたと思いますが、なぜ仮想通貨は儲かるのでしょうか。

仮想通貨の儲かる仕組みはシンプルで、株式やFXと同じような儲けのしくみです。基本は「安く買って、高く売る」ことにより差益で儲けるので、価格差が大きければ大きいほど儲けは大きくなります。仮想通貨は1日あたりの値動きの制限がないため、短期間で大きな価格変動を起こしますし、長期的には購入時の価格の数百倍、数千倍になることもあるのです。

株式投資のようにまとまった資金もいらず少額からでも投資できるので、購入時の価格よりも高騰するとわずか投資で大きなリターンを期待できます。

また、株式の信用取引やFXのように「高く買って、安く売る」ことにより儲けることも可能です。この場合は信用取引なのでリスクはありますが、少ない資金で大きな利益を上げることはできます。

どうやって投資するの?おすすめの仮想通貨の投資方法

仮想通貨の投資の仕方にはいろいろなものがありますが、数ある中から初心者におすすめの投資方法について解説します。

(1)現物取引

現物取引とは、市場で現物を取引することであり、持っている資金の範囲内で取引を行ないます。例えば、10万円分のビットコインを購入して、1年後に50万円で売却すると、40万円の利益です。現物取引は、損失が出でも投資した金額以上の損失になることはありません。計算もしやすく低リスクなので、初心者にもおすすめです。現物取引には2つの投資手法があります。

①長期投資

仮想通貨で投資することの大きな魅力は、将来の価格が急激に上昇する可能性です。特に新しく発行されたばかりの仮想通貨は、購入時は1円以下の低価格でも数年で何百倍、何千倍になることがあります。

長期投資の場合は特別なことをしなくていいので、だれでも気軽に始められるのがメリットです。仮想通貨を購入して数年にわたって保有して続ければいいだけで、特別なことをする必要はありません。仕事や家事で忙しい人でも、相場の値動きを気にすることなく、ゆっくりと待てばいいだけです。

②短期投資

仮想通貨の短期投資は、株やFXのデイトレードやスキャルピングなどのように、短期間の価格の上下に合わせて取引する投資手法です。仮想通貨は短時間のうちに大きな値動きをするため、短期間で大きな利益を上げやすく、短期トレードを好む投資家に人気があります。

ただし、値動きが大きいということは、その分だけ損失が発生するリスクもあるので注意が必要です。株やFXのデイトレードやスキャルピングなど短期投資の経験がある投資家に向いています。

(2)信用取引

信用取引とはレバレッジをかけて自己資金以上の大きな金額を取引することであり、株式の信用取引やFXなどが典型例です。

値動きの小さい相場では、レバレッジにより自己資金の数倍、数十倍の金額で取引できるため、元手が少なくても大きく儲けられます。例えば、手元に10万円の資金しかなくても、レバレッジ10倍なら100万円の取引をすることが可能です。

仮想通貨でも信用取引ができ、レバレッジは最大で25倍となっています。仮想通貨の現物取引は「買い」から入って「売り」で利益確定ですが、仮想通貨の信用取引では「売り」から入って「買い」で利益確定する「空売り」も可能です。例えば、手元資金10万円にレバレッジ10倍で100万円分のビットコインを買い、10万円に下落してからで売ると、100万円ー10万円=90万円が利益となります。

仮想通貨の信用取引はプロが多いようなイメージですが、仮想通貨の取引のうち8割は信用取引であるという統計データもあるほどです。

(3)ICO

ICOとは新規に仮想通貨を公開することで、企業の資金集めの手段となっています。企業の発行する独自の仮想通貨は「トークン」といい、投資家はトークンを購入して、企業は資金を集めるのです。集まった資金はトークンの機能を高めるなどの開発資金となり、トークンの価値が高まればその利益は投資家に還元されます。

ICOの仕組みは、新規に株式を公開するIPOと似ていますが、大きな違いは扱うのが仮想通貨か株式かという点です。株式は新規発行すると、既存の株式の価値が薄まることがありますが、仮想通貨は既存の仮想通貨に影響を与えません。

また、株式を新規発行する場合は証券会社などを通じて行ないますが、仮想通貨は第三者を介することなく企業だけで発行して資金調達することが可能です。資金調達のしやすさではICOの方が優れていますが、国による規制の動きもあるので注意が必要でしょう。

今から仮想通貨を始めても遅くない

仮想通貨の投資手法がわかったとしても、「今から始めるのは遅いのでは?」「これから始めても儲けるのは難しいのでは?」と思われる方もいるでしょう。

しかし、仮想通貨はその存在が世間に知られるようになったのは、つい最近のことで実際に投資している人はまだ多くないのが現状です。そのため、仮想通貨のことは知っているけど購入した経験のない人が、今後も参加してくることが予想されています。市場への参入者が増えれば、時価総額は上昇し今まで以上に注目されるでしょう。すると、さらに市場に活気が出て、儲けるチャンスも生まれてくるわけです。

また、仮想通貨を支える技術であるブロックチェーンは、金融以外の分野でも期待されており、仮想通貨市場に参入する企業は増えています。マイニング事業にに参入する企業も増加しているだけでなく、仮想通貨の種類も増加しているため市場全体はさらに伸びていくでしょう。今から始めても決して遅くはなく、十分稼げる可能性はあります。

まとめ

いかがでしょうか。今回は、仮想通貨はなぜ儲かるのか、そのメリットや仕組み、儲け方などについて解説しました。

「仮想通貨って本当に儲かるの?」と思っていた人も、仮想通貨は儲かる投資だと理解できたことでしょう。記事中でも触れましたが、仮想通貨は他の投資よりもやりやすく、今から始めても決して遅くはありません。仮想通貨の投資方法とリスクをしっかりと理解して始めることをおすすめします。

 

 

仮想通貨マーケット情報

仮装通貨総数:
取引所数:
仮想通貨全体時価総額(¥):
24時間総取引高(¥):
BTCドミナンス:

仮想通貨 (更新日)

BTC(JPY) -0.00 0.00
ETH(JPY) -0.00 0.00
XRP(JPY) -0.00 0.00
ADA(JPY) -0.00 0.00
LTC(JPY) -0.00 0.00
XLM(JPY) -0.00 0.00
XEM(JPY) -0.00 0.00
EOS(JPY) -0.00 0.00